診療科案内

血液内科(ライソゾーム病センター)

概要・特色

  • ファブリー病、ゴーシェ病、ポンペ病、ムコ多糖症などのライソゾーム病の診断・治療を⾏います。ライソゾーム病は、細胞内の酵素の欠損または活性の低下により発症する先天性代謝異常症で、欠損している酵素の種類により約40疾患があります。
  • ⾎⼩板増多症、悪性リンパ腫などの⾎液疾患の診断・治療を⾏います。

対応疾患・症状

ライソゾーム病(ファブリー病、ゴーシェ病、ポンぺ病、ムコ多糖症など)、血小板増多症、悪性リンパ腫

主な治療・検査

  • 各種血液疾患の診断および治療
  • ファブリー病、ゴーシェ病、ポンペ病、ムコ多糖症などのライソゾーム病の診断および治療

医師紹介

血液内科(ライソゾーム病センター)をもっと詳しく