診療科案内

循環器内科

概要・特色

  • 循環器内科では、急性期心血管疾患全般に対応できるよう体制を整備し、院外の心臓外科との協力体制の下、救急疾患から専門的治療にいたるまで、充実した設備を生かし、安定した治療成績をおさめています。冠動脈CTや心臓MRI、カテーテルアブレーション等の領域で設備更新し、診断・治療の質向上に努めています。
  • 高度治療室を備え、急性期重症循環器疾患にも対応し、心臓カテーテル検査、冠動脈カテーテル治療、末梢動脈カテーテル治療、不整脈カテーテルアブレーション、永久的ペースメーカー植え込みなどに力を入れています。
  • 虚血性心疾患に対しては、画像診断のみならず負荷試験などにより正確な診断を重視し、効果的な治療を心がけています。

対応疾患

虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、不整脈(心房細動等)、高血圧症、心不全、心筋症、弁膜症、心筋炎、心膜炎、末梢動脈疾患、静脈血栓塞栓症、肺高血圧症等

対応症状

動悸、息苦しさ、胸などの痛み、体のむくみ

主な治療・検査

  • 心臓カテーテル検査・治療
    2020年8月に⼼臓⾎管専⽤造影装置を更新し、患者さんの放射線被ばくを抑えつつ、心血管インターベンションやカテーテルアブレーションをより⾼精度かつ安全に⾏うことが可能になりました。
  • 冠動脈造影CT
    2020年11月に320列マルチスライスCTを更新し、撮影速度をはじめ性能の向上により、より⾼精度かつ高画質な冠動脈撮影が可能となりました。
  • 心臓MRI
    2021年3月に1.5テスラMRIを更新し、最新の心臓用アプリケーション追加により、より少ない負担で詳細な心臓血管撮影評価(非造影、冠動脈撮影、負荷心筋パーフュージョン等)が可能になりました。

医師紹介

主な実績

2018年度 2019年度 2020年度
治療・検査 件数 治療・検査 件数 治療・検査 件数
冠動脈インターベンション 80 冠動脈インターベンション 95 冠動脈インターベンション 84
永久的ペースメーカー植込み術 11 永久的ペースメーカー植込み術 16 永久的ペースメーカー植込み術 21
カテーテルアブレーション 63 カテーテルアブレーション 57 カテーテルアブレーション 64
トレッドミル負荷試験 289 トレッドミル負荷試験 298 トレッドミル負荷試験 249
冠動脈造影検査 193 冠動脈造影検査 241 冠動脈造影検査 178
心筋シンチ 180 心筋シンチ 139 心筋シンチ 104
冠動脈CT 194 冠動脈CT 180 冠動脈CT 182

循環器内科をもっと詳しく