診療科案内

脳神経内科

概要・特色

脳神経内科は日本神経学会の准教育認定施設です。パーキンソン病・多系統萎縮症・脊髄小脳変性症をはじめとする神経変性疾患や認知症、脳血管障害などの診断と治療を専門的に行っています。
その他、てんかん、髄膜炎、重症筋無力症、多発性硬化症、末梢神経障害、頭痛、めまい、しびれなどの外来・入院治療も行っています。
外来は名古屋大学脳神経内科の専門医の先生方の協力を得ています。他施設やクリニックとの病院連携も大切にしています。

主な治療・検査

検査は高度な医療機器を駆使して診断に役立てています。
頭部・脊椎MRI、頭頚部血管MRA、筋電図・神経伝導検査や脳波・頚動脈エコーなどの生理検査、脳血流スペクト・MIBG心筋シンチグラフィー・DATscanといったRI検査などがあります。
治療は薬物療法が主体となりますが、必要に応じ脳神経外科などの診療科と協力してすすめていきます。入院患者さんのリハビリテーションにも力を入れています。

医師紹介

主な実績

疾患名 入院患者数
脳血管障害 脳梗塞 アテローム血栓性脳梗塞 28
心原性塞栓 19
ラクナ梗塞 4
動脈乖離 3
分類不能 3
一過性脳虚血発作 1
脳内出血 1
硬膜下血腫 3
髄膜脳炎・脳症 5
急性散在性脳脊髄炎 1
亜急性連合性脊髄変性症 1
痙性対麻痺 1
筋緊張性ジストロフィー 1
てんかん 3
神経変性疾患 パーキンソン病 14
レビー小体型認知症 9
進行性核上性麻痺/大脳皮質基底核変性症 4
筋萎縮性側索硬化症 1
認知症性疾患 アルツハイマー型認知症 3
前頭側頭型認知症 1
正常圧水頭症 1
末梢神経障害 1
代謝性疾患 2
その他(尿路感染症等) 10
120

2021年1月~12月の1年間の脳神経内科入院患者内訳(主科のみ)